交通事故に遭わない、起こさないための「3ライト運動」とは! - 鹿児島市 紫原 むちうち 交通事故治療

まつだ整骨院

日記・ブログ

交通事故に遭わない、起こさないための「3ライト運動」とは!

みなさんこんばんは!

「鹿児島市でムチ打ち治療ならまつだ整骨院にご相談下さいrock

それはさておき、今回は事故に遭わない、起こさないための「3ライト運動」をご紹介いたします。

Jitensya_touka

≪3ライト運動≫とは

自動車、バイク、自転車は

①早めの点灯

②原則上向きライト(ハイビーム)

③トンネル内のライト点灯

を心掛けましょう!!というもの。

この3つを守るだけでも、随分交通事故を減らせると思います。


①の「早めの点灯」ですが、交通ルールで決められた点灯のタイミングは「日没の時間」です。

Yuuyake_yama

今日(6月29日)だと鹿児島市では19時27分が日没時間です。

目の良い方ならまだ明るい時間なので、点灯しなくても良いと判断するかもしれませんが、

自分は見えていても、人もそうとは限りませんので、周囲に知らせる意味で点灯しましょう。


②の「原則上向きライト(ハイビーム)」は私も最近知ったのですが、法律的には車のライトは上向きにしないといけなくて、対向車や歩行者がいる場合は下向き(ロービーム)にしてよいとのことです。

下向きライトの視認距離は40M、上向きライトの視認距離は100M。

倍以上違うのでこの差は大きいですよね。

市街地では面倒かもしれませんが、こまめに切り替えるようにしましょう。


③の「トンネル内でのライト点灯」ですが、私の実感だと点灯される方とされない方が半々くらいでしょうか。

Tunnelルール的には「必ず点灯」のはずですが、点灯しなくても見える方はいつの間にか点灯しなくなるのかもしれませんね。

これも①の時と同じで、自分の為だけでなく周囲の人に自分の車を知らせるためにも点灯するべきなのでしょう。

そうすることで、ご自身が事故に遭うことも防げるはずです。


<3ライト運動>、地味なようでとても事故防止効果が高いものだと思います。

事故はそう簡単に起こるものではありません。

事故が起こりやすいのは<双方の不注意が重なったとき>です。

運転するあなたが歩行者を見落とし、歩行者もあなたの車を見落とした場合などです。

どちらかが気を付けていれば、事故は回避できます。

車に乗ったあなたが歩行者を完全に見落としたとしても、歩行者があなたの車を認識していれば事故は回避できますよね。

3ライト運動はあなたの見落としを減らす上に、歩行者があなたの車を認識しやすくするという効果を生みます。

私も①と②はまだまだ出来ていないので、明日から気を付けるようにしたいと思います(>_<)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

すごく気を付けていたけど、事故にあって「むち打ち」になってしまった・・・weepsweat01

そんな時はまつだ整骨院にお電話を!

telephone099-254-7998 まで。

「電話は苦手bearing」という方はメールで↓↓↓

メールでのお問い合わせはこちらをクリック(24時間メールお問い合わせ)

事故に関するちょっとした疑問、質問OKですgood

何でも遠慮なく聞いてくださいねhappy02note

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

鹿児島市,南鹿児島駅の交通事故治療

22時まで受付(完全予約制) 国家資格者が施術 お子様連れでも安心 整形外科をご紹介 駐車場9台完備 整形で異常なしと言われた方も対応 待ち時間なし 院長(柔道整復師)が対応 軽度のケガでも対応

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

当院は、今まで鹿児島市内の車・バイク事故による身体の不具合に多数対応してきました。
様々な改善症例と実績がありますので、ご安心ください。