事故に遭ったときすることは? - 鹿児島市 紫原 むちうち 交通事故治療

まつだ整骨院

Q&A

事故に遭ったときすることは?

Q 事故に遭ったときにすべきことは何ですか?

A 1番最初にすることはケガ人の救護(自分がケガをしているときは安静)です。その後もし動ける状態なら、次のことをしましょう。

①事故の初期状態の写真をスマホなどで撮っておく。

Afm135

「お互いの車の位置関係」「車の損傷状態」「ブレーキ痕」「ケガの状態」など、色々な角度から多めに撮っておきましょう。後々証拠になる場合が有ります。

注)本来「危険物の撤去」が先ではありますが、事故後の初期状態は撮っておきたいところです・・・。その場の状況(交通量の多い所では撤去が優先)で判断しましょう。

②危険物の撤去。

交通を妨げるもの(車両や破片など)を片付けるのは運転者の義務になります。(二次的事故を避けるため)。ケガが少なく体を動かせるときは片付けましょう。

③必ず警察(110番)と自分の入っている保険会社に電話する。

時々その場での示談を求められたり(「〇〇万円払うので、警察は呼ばないで」など)、後日の対応を求められたり(「今急いでるので、後で電話かけます」など)しますが、応じないでください。後々トラブルになることが多く、自動車保険も使えません。

④加害者の名前、住所、電話番号を確認。

具体的には「免許書」を見せてもらう、「車検証」を見せてもらう、「名刺」をもらうなど。相手が出し渋るときは、加害車両のナンバーを控えておきます。(メモor写真)

⑤目撃者の連絡先を聞いておく。

目撃者の証言は貴重な証拠になります。目撃者がいない事故はお互いの言い分が五分五分になるのでよくもめます。目撃者がいるときはぜひ協力を得ましょう。

警察や保険屋さんが到着するまでは、大体この順番で進めてゆけば良いと思います。警察や保険屋さんが到着したら、その後は指示に従いましょう。

今回は事故に遭った時の基本的な行動でしたが、次のブログでは「事故に遭った時の対応で気を付ける事、その注意点」についてお話ししますpaper

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

事故に遭って、何をしていいか分からないときはまつだ整骨院までご連絡ください。

診療時間外や休診日も転送電話で対応できる場合が有りますので、ご連絡ください。

お電話 telephone099-254-7998 まで。

「電話は苦手!」という方はメールで↓↓↓

メールでのお問い合わせはこちらをクリック(24時間メールお問い合わせ)

事故に関するちょっとした疑問、質問でもOKですgood

何でも遠慮なく聞いてくださいねhappy02note

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

鹿児島市,南鹿児島駅の交通事故治療

22時まで受付(予約優先) 国家資格者が施術 お子様連れでも安心 整形外科をご紹介 駐車場9台完備

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

※事故過失割合により負担金が発生する場合があります