保険会社から「ムチ打ちの治療は3か月」と言われた。なぜ? - 鹿児島市 紫原 むちうち 交通事故治療

まつだ整骨院

Q&A

保険会社から「ムチ打ちの治療は3か月」と言われた。なぜ?

Q 事故で鞭打ち症になり、これから治療に専念しようとした際、相手の保険会社から「むち打ちの治療は3ヶ月です」と言われました。そのような決まりが有るのでしょうか?

A 症状に個人差が有りますので、決まりではありませんが、過去に行われた裁判の判例や臨床データを根拠としておっしゃっているのだと思います。治療の必要性(妥当性)が認められれば3か月以降の治療も可能です。

参考)【最高裁判所の判決】(昭和63年4月21日判決):「損傷が頸部軟部組織(筋肉,靱帯,自律神経など)にとどまつている場合には,入院安静を要するとしても長期間にわたる必要はなく,その後は多少の自覚症状があつても日常生活に復帰させたうえ適切な治療を施せば,ほとんど1か月以内,長くとも2,3か月以内に通常の生活に戻ることができるが一般である」

参考)【医療機関でのむち打ち治療の臨床データ】:頸椎捻挫では通常3か月で8割以上の方が治る。

当院で治療されてきた患者様も、ほとんどの方が3ヶ月以内に症状の7~8割は改善し、仕事も含めた日常生活に支障はなくなります。

20131227123545160x160

この時点で「もう大丈夫そうだから」と施術を終える方もおられますが、「私は100%(事故前の状態にまで)治したい」と施術継続を望まれる方も多くおられます。これは個々人の考え方の違いですので、どちらかが良いということではありません。

しかし、追突されてむち打ちになってしまった(過失0の)方にしてみれば、「自分は何も悪いことはしていないのに、身体を傷つけられ、精神的にも辛い思いをした。せめて身体くらいは元に戻してよ!」との気持ちになるのも分かりますbearing

安心して頂きたいのですが、3か月以降の治療も保険会社にしっかり相談すれば多くは認めてもらえるということです。ただし、漠然と「まだ痛いから」「治っていないから」ではいけません。

3か月以降の治療を認めてもらうためには次のことが最低限必要です。

☆治す努力をしている。(頑張って通院している。無理をしないように気を付けている。など)

☆病院、整骨院の先生に治療の必要性を認めてもらう。(通院時に症状をしっかり伝える)

☆症状の経過を説明できるようにしておく。(日記に「どのように治ってきたか」「どんな症状が残るか」など書いておくことをおすすめします)

「痛い痛いと言いながら病院や整骨院に行っていない」とか「先生にもう大丈夫だから来なくていいよと言われた」とか「今ある症状が事故によるものか自分でもはっきりしない」ようでは難しいので気を付けてくださいね。

まつだ整骨院では、来院時毎回、症状をお聞きして経過を記録しています。むち打ちに苦しむ患者様の後押しになるようにサポートしていますのでご安心くださいgood

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

事故の治療で困ったときはまつだ整骨院までご連絡ください。

診療時間外や休診日も転送電話で対応できる場合が有りますので、ご連絡ください。

お電話 telephone099-254-7998 まで。

「電話は苦手!」という方はメールで↓↓↓

メールでのお問い合わせはこちらをクリック(24時間メールお問い合わせ)

事故に関するちょっとした疑問、質問でもOKですgood

何でも遠慮なく聞いてくださいねhappy02note

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

鹿児島市,南鹿児島駅の交通事故治療

22時まで受付(予約優先) 国家資格者が施術 お子様連れでも安心 整形外科をご紹介 駐車場9台完備

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

※事故過失割合により負担金が発生する場合があります